デンコの旅ブログ やっぱりアジアが好き! 旅の最大の失敗

デンコの旅ブログ やっぱりアジアが好き!

バックパッカーでアジアを駆け巡ります!アジアの日常を見る旅が大好きです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅の最大の失敗

さっきまで一緒に行動した一人の日本人の方は、駆け足旅行なので
午後にチェンライへ向かうとの事でお別れ。


その後、一休みでお茶をしようと私と同じく明日出発のK君と
一緒にパンケーキが美味しそうなので注文。

IMGP0406.jpg


これが手作りパンケーキ☆蜂蜜をかけて甘くて美味しい~☆
今となってはこれがとても恋しいのだ。


また今夜の山岳民族のど自慢大会を見に行くので
夕飯がてら6時半に出発をする事にする。


そう言えば、明日のチェックアウト時に宿代を払わないといけないので
両替しようと現金を探す。




ところが・・・・・・・







ない!!! 





現金がないのだ!!!  




荷物と言う荷物をすべて出し部屋が荷物で散乱する。


探しても見つからない。



どこかで気づかれずすられたのか?
何かの間違いじゃないか?まさか旅先でこんな事が・・・。



半泣状態になっていた。




チェンライで会った日本人も皆すられた経験がある。
大体寝台やバス、安いゲストハウスなどで盗難は起こりやすい。




一体どこで?何故貴重品腰巻をしておかなかったんだ!!と
自分を責めつつも・・・イキナリ思い出したのだ。




実は、チェンマイのゲストハウスでシャワーを浴びる時に
貴重品が心配でドレッサーの引き出しの奥に隠しておいた事を思い出す。






あそこだ!!! 









なんてドジ!!(泣)  









確か封筒に4万ぐらいの現金が入っていた。
でもきっとお掃除の人が見つけたら盗っているに違いない。


チェンライで会った男の子もチェンマイのゲストハウスで
貴重品を盗られた話を聞いたし・・・・。
普通だったらないに決まっているだろう。




とりあえずチェンマイに電話をしなくてはいけないので
急いでゲストハウスの連絡先を探すが見当たらない。


そう言えば、地球の歩き方「タイ」のチェンマイをコピーした用紙は
必要ないので捨ててしまったのだ。


私が持っている地球の歩き方は「東南アジア」なので情報が少なく
載っていない。



確かK君がタイ版を持っていたはずなので
急いでゲストハウスのおじさんに彼の部屋番号を聞いた。




K君の部屋へ行くとどうやら寝てたらしい。
ご、ごめんなさい(泣)



事情を話すと彼はビックリして私がゲストハウスの連絡先を
メモしようとすると、「そのまま持って行っていいですよ!!
なんなら僕の携帯使って下さい!!」
と親身になって心配してくれた。


でも高くて悪いのでセブンイレブンの公衆電話で電話をかける。


受付の男の子が出て、オーナーに代わってもらう。


そしたらカレン族のレンさんが出て忘れ物の話を話すと

「あ、あの白い封筒のものでしょ?中身は何が入っているか分からないけどとりあえずオーナーに預けてあります。」と聞いて



無事だったのかな?
でもまだ封筒だけだし中身は入っているかわからない。



とりあえずオーナーの日本人に代わってもらう。



そしたらどうやら中身は無事だった!!!



体中が脱力してヘナヘナになった。

普通だったらお金盗られてるよ~、こんな時
日本人がオーナーのゲストハウスで本当に助かったと思った事はない。



一安心したのはいいが、これからその現金をどうするかと言う話だ。
チェンマイに取りに行かないといけない。
そうしたら私のルートは余儀なく変更される事になる。

偶然私がラオスのビエンチャンに行く日とオーナーが行く日が
重なっていてビエンチャンで渡してもらうと言うのも考えたけど・・。


現金を持って来てもらうのは気が引ける。

しょうがなくチェンマイへ戻ってフエサイ⇒ルアンパバーンへの
船旅は諦めチェンマイからルアンバパーンまで飛行機で飛ぶ事を
考えていた。



ゲストハウスへ戻るとK君に無事お金があった事を話したら
ビックリされた。




「普通盗られてますよ!sentianさんはラッキーですね!!
にしてもそのゲストハウスめちゃくちゃ信用出来ますね。」



それと・・・・・・





私があわててK君の部屋を飛び出した時にその反動でドアの南京錠を
つける場所の鍵がかかってしまったらしい(泣)それでK君が





「sentianさん、鍵閉めないで下さい!僕閉じ込められたんですよ!!」と言われてしまった。



あちゃー。彼を数十分閉じ込めてしまっていたらしい(汗)




「あの、僕どうせルートも考えてないしチェンマイへ戻る予定
だったのでその現金がいくらか教えてくれれば、それをsentianさんに
渡して僕がチェンマイのそのゲストハウスへそれを受け取ると言うのは
どうですか?」








え!?









本当にそんな事してもらっちゃっていいの!?  









思わず涙が出そうになる。








めちゃくちゃK君に感謝をし、またチェンマイへ電話しないといけないのでセブンイレブンに行く事になる。


とりあえずそこの宿が信用出来るとの事でK君から一緒に3日後予約を
してもらうように頼まれた。


チェンマイのゲストハウスのオーナーへお金は彼が受け取る旨を伝え予約も無事取れた。




これで一安心。その現金分をK君が私に渡してくれた。




本当に感謝である。チェンマイで忘れた封筒の中には、半端な
600円ぐらいの小銭があったので申し訳なさ程度で少ないが
それはK君にあげる事にした。




そしてまた今晩、山岳民族ののど自慢大会へ行く事になる。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/30(土) 20:19:30|
  2. 【タイ】 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メーサローンのど自慢大会2日目 | ホーム | 山岳民族の村へ訪問>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tianchang.blog80.fc2.com/tb.php/15-1892a17c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。